スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』寺田屋騒動で“瀕死”演技

福山雅治、『龍馬伝』寺田屋騒動で“瀕死”演技初挑戦
オリコン 9月4日(土)8時32分配信

90557.jpg
寺田屋で襲撃に遭う坂本龍馬(福山雅治)

 福山雅治主演のNHK大河ドラマ『龍馬伝』第3部が、9月5日放送回で佳境の「寺田屋騒動」を迎える。薩長同盟を成し遂げ、お龍が待つ寺田屋へと戻った龍馬を待っていたのは、伏見奉行による襲撃。福山は、左手を切られたことによる出血多量で生死をさまよう、自身初の瀕死(ひんし)状態の演技に挑み、細かな表情や息づかいで緊迫感、臨場感をより現実のものとしている。

 今まで出演してきたどの作品でも死からは縁遠い役だった福山が、『龍馬伝』で初めての演技に臨んだ。壮絶な寺田屋脱出劇は、同局内において前例がない程の長時間によるスタジオ撮影を敢行して収録。銃を手に威嚇射撃する龍馬と、彼の護衛役の長府藩士・三吉慎蔵(筧利夫)の華麗な棒術、そして捕り方との激闘や現場の張り詰めた空気感を、数台の高性能カメラが繊細に捉えた。

 有名なエピソードとしても知られる、龍馬を助けるお龍役の真木よう子の迫真の演技にも注目だ。お龍が湯船に浸かる妖艶な描写から一転、襲撃を一足早く察知して龍馬のもとへ階段を駆け上がるシーン。助けを求めて寺田屋から薩摩藩邸まで走る場面で真木は、カメラの追いつくスピードもお構いなしに激走し、演出の大友啓史氏も「マジで速い、速い! さすが元陸上部」と舌を巻くほどだったという。

 寺田屋騒動を軸に物語はいよいよ第4部へラストスパート。九死に一生を得た龍馬は、お龍を妻にめとり、日本初の新婚旅行先となった薩摩(鹿児島)を舞台に『龍馬伝』(NHK総合・毎週日曜後8時)は進んでいく。


続きを読む

スポンサーサイト

龍馬効果、北辰一刀流に脚光

剣術で心の鍛錬 龍馬効果、北辰一刀流に脚光
8月26日14時17分配信 産経新聞


bdy1008240836001-p1.jpg
江戸の町道場の雰囲気をほうふつとさせる北辰一刀流玄武館。介護士や看護師、テレビ局勤務の入門者もいる=東京都杉並区(写真:産経新聞)

 土佐藩の坂本龍馬が若き日に江戸で剣術を学んだ「北辰一刀流(ほくしんいっとうりゅう)」。NHK大河ドラマ「龍馬伝」の影響で、道場に問い合わせが殺到している。現代剣道にも受け継がれる流派が再び脚光を浴びているが、そこに求めるものは技の鍛錬ではなく、心の鍛錬。真夏に汗を流し、体とともに心も養うことの大切さがうかがえる。(日出間和貴)

  [フォト]北辰一刀流と水戸学を脈々と継承 水戸東武館第7代館長

 ≪武士のような猛者も≫

 江戸三大道場の一つとして、武士に交じって町人や商人らが研鑽(けんさん)を重ねた玄武館。創始者は、奥州陸前の気仙(けせん)村(現岩手県陸前高田市)生まれの剣豪、千葉周作。因習にとらわれない先駆的な精神の持ち主で、剣術の普及に貢献した。

 江戸の剣術に詳しい作家、牧秀彦さんの『剣豪全史』(光文社新書)によると、幕末までに800前後の流派が成立し、武芸の指南はバブル期を迎えていたという。「江戸時代の武士にとって剣術は表芸、つまり必修科目」として学問同様に奨励された。

 現在、玄武館の本部は東京都杉並区の閑静な住宅街にある。終戦後に建てられた道場だが、江戸にタイムスリップしたような不思議な感覚をおぼえる。入門者は10代から70代までの男女。中には「武士のDNA」を受け継ぐような“猛者”もいる。

 また、師弟の精神的な関係は今も息づく。道場のしきたりは緩やかだが、弟子入りには手続きが必要だ。段位もあり、道場の壁に札がかけられている。その頂点に千葉周作の名がある。

 ≪どんな状況でも≫

 入門者には高校生や看護師、テレビ局勤務といった人もいる。争いのない世に剣術を学ぶ理由は何か。確かに入門者の中には龍馬ファンが多い。司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を愛読し、7年前から通う会社員の石川琢海(たくみ)さん(32)は「剣術を通して鍛錬しているのは技ではなく心。継続は力なりで、逆境のときも心に余裕が持てるようになった」と話す。

 道場に通う彼らは幕末の剣豪たちに思いをはせながら、ひたすら心の鍛錬を重ねる。相手の動きにどう応じるか。ここでは竹刀で打つことは真剣で切ることと同義である。剣術を通して、理性や忍耐力、判断力がついたという人もいる。

 「龍馬伝」で主役を務める福山雅治さんに剣術の指導を行った6代目館長、小西真円(しんえん)一之(かずゆき)さん(46)は、「活人剣(かつじんけん)」の理念を引き合いに、「乱世のころは殺法としての剣術だが、平和な時代においては剣を通じて人をどう生かすかに主眼が置かれる。それは、家族を守るためであったり、他人をいたわる気持ちであったり」と指摘。そのうえで、「形(かた)はあくまで入り口であり、どんな状況にも対応できる柔軟な心を養うことが大切」と強調する。

 ■坂本龍馬と剣術

 土佐を脱藩し全国各地を奔走した龍馬は剣術修行のため、江戸の地を踏んでいる。坂本龍馬記念館(高知市)によると、ペリーが来航した嘉永6(1853)年、「北辰一刀流千葉定吉(さだきち)道場」に入門したという。定吉とは周作の弟。兄の道場は神田お玉ケ池(現東京都千代田区)に、弟は桶町(おけまち)(現東京都中央区)に居を構えた。龍馬の剣の腕前については記録が少ないが、定吉道場で「北辰一刀流長刀兵法目録」を伝授。長刀とは「なぎなた」と解釈されている。

続きを読む

福山雅治、『龍馬伝』でひと足先にハネムーン体験「いい感じ」

7月29日6時0分配信 オリコン

20100729-00000002-mantan-ent-thum-000.jpg
まんたんウェブ

『龍馬伝』初の鹿児島ロケでハネムーンシーンの撮影に挑んだ福山雅治(右)と真木よう子
 日本初のハネムーン先と言われる鹿児島県内で27日から28日にかけて、NHK大河ドラマ『龍馬伝』のロケが同地で初めて行われた。慶応2年(1866年)3月、寺田屋事件で九死に一生を得た坂本龍馬(福山雅治)は妻・お龍(真木よう子)を伴い、西郷隆盛らのすすめで薩摩で療養し霧島山に登る。福山は「高千穂峰に登って日本初と言われているハネムーンを再現できたことは『龍馬伝』にとって、まさに全体を通してドラマの“馬の背”のようなシーンが撮影でき、いい経験になった」と感慨深げ。「残りのロケで幕末を感じるようなタイムスリップをさせたい」と気持ちを新たにした。

【写真】桜島を眺める“福山龍馬”など、鹿児島ロケの模様

 27日に霧島・高千穂峰、28日朝に磯海水浴場、龍門司坂で撮影された第38回「霧島の誓い」(9月19日放送)では、薩摩で霧島山に伝わる「ニニギノミコトが国を治めるために降臨して、天逆鉾を頂上に突き刺した」という神話を聞いた龍馬が登山を決意。女人禁制の山のため、お龍は男装して一緒に登り、頂上で龍馬は逆鉾を引き抜く。生まれ変わった気持ちで、日本を変える先頭に立つと誓って再び逆鉾を突き刺した龍馬だったが、幕府では第二次長幕戦争の準備が着々と進められていた。

 鹿児島ロケは「念願だった」という福山は「コンサートで10年以上前に来たことがあり、桜島の雄大さや力強さが印象的だった。高千穂峰は煙で覆われていてエネルギーを感じた。好きなところ」だと改めて思ったという。『龍馬伝』のPR番組ロケで以前、同地を訪れていた真木も「前回は真木よう子としてだったが、今回はお龍として登れたことを幸せに思う。地図上で南国だと思っていて、来てみたら本当に南国だと感じた」と再度訪問できたことを喜んだ。

 当時の様子は、龍馬が姉・乙女に宛てた手紙が実際に残っており、そこに詳細が綴られている。鹿児島から船で浜之市に行き、徒歩で日当山温泉、塩浸温泉、栄之尾温泉などで負傷した傷を癒やす龍馬だが、今回の撮影では「朝から晩まで撮影で入れなかった。そんな優しい撮影ではない」と福山は苦笑い、真木も「疲れて寝てしまい入っていない」と療養できずじまい。また台本になかったお気に入りの薩摩弁「じゃっどん」と「わっぜ」を急きょ付け加えたところ、福山は「薩摩弁は強烈なので、1回しゃべったら(本来の)土佐弁がぐだぐだになった」という。

 私生活では独身貴族を謳歌している福山だが、束の間の新婚旅行の感想は一言「いい感じ」。そんな福山の背中を見ながら高千穂峰を登った真木は「すごく大変だった。福山さんは体力が全然違うと感じた」といい、実際に「背中を見ながらお龍さんの気持ちと重なったとき『ついていかなきゃ』と思った。ずっと龍馬の背中を追い続けるような、そんな覚悟でいくのではないかと思う」と改めて夫婦としての絆を再認識したと話した。

 今回の収録分は9月19日に放送。1シーンのみ9月5日の第36回で放送予定。

さてさて…本日のこのニュース‥~今回は特に真木よう子さんにスポットを当ててみましたが‥“噂”のサイト~での口コミ度は…?要チェェェ~ックゥゥゥッッ!

続きを読む

<龍馬伝>暗殺の黒幕は?第4部はミステリー 前半最終回の福山、香川、大森の涙は「本物の芝居」

福山雅治さん主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の第3部がスタートした。福山さんが自ら「若手芸人のよう」と語る体当たりの演技や、香川照之さん演じる岩崎弥太郎の“汚れ”っぷりのほか、武市半平太役の大森南朋さん、岡田以蔵役の佐藤健さんに話題が集まり、今まで以上に注目度の高い同ドラマの鈴木圭チーフ・プロデューサーに、これまでの手応えや、4部で描かれる龍馬暗殺のシーンまでを聞いた。(毎日新聞デジタル)

fSN4IhQimjsJ.jpg
シネマトゥデイ

【写真特集】武市に代わり高杉、中岡が登場 「龍馬伝」第3部の各シーン

--ここまでの手応えは。

 「大河ドラマを変えたい」という、スタッフの気持ちを集結して力を注いできた。それを、いろんなところに取り上げていただいて間違いなく世の中の龍馬ブームのような手応えを感じた。1部、2部としては上々の滑り出しだったのではないかなと思っています。

--「大河ドラマを変えたい」というのは。

 かつらとか、扮装(ふんそう)にしてもそうですけど、今までの作り物的な幕末のドラマではなくて、リアルな幕末の群像を描きたかった。映像でも、今までの大河の決まり切ったパターンを崩したいということもあって、いろいろチャレンジしました。大河(ドラマ)も49作目、(11年にスタートする)『江(ごう)~姫たちの戦国』で50作目ですから、実はネタも一巡して出し尽くしたところもあります。龍馬も2回目で、40年以上前に1回やっている。大河も飽和期というか、来るところまで来ているところがあって、どんな新しいものができるかというところが今回のスタート地点だった。(物語の)まだ半ばですが、1部、2部では、その(新しい)スタイルに手応えはあるなっていう感じはしてるんです。

--変えることに局内で反対意見は。

 意外と現場に任されているんですね。(放送されたものの)結果については言われますけれど、やることについてそんなにめちゃくちゃ反対されるってこともないです。スタッフの総意で進めていきました。

--もっとも力を入れてきたところはどこでしょう。

 やっぱりビジュアルだと思いますね。福山さんという人を真ん中に置いて、いろんな意味で格好いい歴史上のキャラクター、格好いい龍馬を作るっていうこと。もちろん(龍馬の)周りの人たちもですが。ビジュアルというのは見せかけだけじゃなくて、そこから来る本物の芝居。格好いいビジュアルで本物の芝居を撮る。そこがいちばん力を注いだところだと思います。

--1部、2部で満足しているシーンは。

 ぱっと浮かぶのは(2部の)最終回の、龍馬と弥太郎と武市が、ろうや越しに抱き合うという感じ。つまり、龍馬伝の前半戦は、龍馬と弥太郎と武市の話で走っていくっていう骨格で、あのシーンで前半戦のゴールを迎えたんです。(俳優たちの)積み上げてきたものがあって、単純にそのシーンのせりふを覚えてどうとかじゃない。ずっと一緒にやってきた(福山さん、香川さん、大森さんの)3人の関係、撮影中や、撮影後の飲み会とか食事を重ねて親ぼくを深めてきたいろんな友情関係の厚みがあって、『本当にこいつが死んじゃうんだ』ということに対して流す涙は、芝居というレベルではなく胸を打つものがあるし、本物の芝居というものを追求してきた龍馬伝の極致だったような気がします。

--岡田以蔵役に若手の佐藤健さんを起用するなど、キャスティングも話題です。

 キャスティングで決まっちゃいますので、いちばん心血を注ぐところではあります。(キャスティングは)化学反応、食い合わせみたいなところがあって、マッチングの問題なので、福山さんとどういう人をぶつけるとお互いに輝くのかと考えていきました。(難しいのは)従来のイメージを変えるっていうところですね。(打ち合わせなどで)『この役だったら、この人は普通だけどね。龍馬伝ではやめよう』ってよく言っていた。“福山龍馬”もですが、岡田以蔵は従来のパターンでキャスティングしたら佐藤健君が演じることはあり得ない。萩原健一さんや勝新太郎さんという、もっとワイルドでごつごつした人がやってきた役だし、一般的なイメージも同じ。それをナイーブな優しい以蔵を作ると、いい意味でひねくれながら(決めた)。僕も大友(啓史チーフ・ディレクター)もなんとなく普通にやるのは嫌だっていう……(笑い)。(パターンに陥らず)不協和音とか、そこから新しいものが生まれてくる可能性を探りたいっていう意図が働くんです。

--福山さんに対する期待は、撮影が始まる前とあとで変わりましたか。

 福山さんは日々進化している。最初は狙い通り、ナイーブで悩んだりもする等身大の龍馬を、まさにナイーブな福山さんが演じているという良さが出た。回を重ねて、どんどんワイルドな龍馬だったり、もっとしたたかな龍馬だったりと、力強さのようなものが付加されて、いまや彼(福山さん)が龍馬だという感じ。(龍馬が)乗り移ってる感じがある。福山さん自身が、龍馬の成長、龍馬像の移り変わりを非常によく考えているし、僕らともディスカッションしたがって話をしている。福山さんの変ぼうとか思いみたいなものと台本の中身はなるべく連動させていっています。

--福山さん以外に印象的だった俳優さんは。

いっぱいいるんですけど……。吉田東洋役の田中泯さんは、期待以上に視聴者の方がびっくりしたっていうか。ダンサーの方ですから一般に俳優さんとして知られた方ではない。『誰ですかあの人は!』みたいな反応がうれしかったですね。すごい反響が大きかったんで。一番最初に(反応が)来たのはもちろん弥太郎さんなんですけど。

--25日の放送で登場するカステラ作りなど、フィクションを入れるときに気をつけていることは。

 史実を素材に膨らませること。(カステラ作りは)龍馬ファンはご存じのように、実際に海援隊がカステラを作ったレシピが残っている。そうすると、どこかで(カステラ作りを)やったんだろうなと。で、それは(いつどんなときか)特定できないわけですよね。(そういった)非常に抽象的な史実を具体的に使用して、膨らませて、面白くしていくことを大河ドラマで心がけなきゃいけない。全くのウソ(フィクション)じゃなくて、寄って立つもの(史実)があって大ウソ(大きなフィクション)をつくっていう感じです。

--例えばどんなフィクションがありますか。

 最近でいうと、龍馬が土佐に戻りました。土佐に戻って後藤象二郎に会い、武市を救いに行く。(その期間は)龍馬ファンにはすごく有名な空白の4カ月。龍馬って本当に研究が進んでいて、日割りで年表があるんですが、あの期間はない。そういうところこそ、フィクションとしてはおいしいところで、なにをやっても許される想像の範囲というか。龍馬伝ではそういう(フィクションとして)膨らませたところがうまくいっている。3話で弥太郎と龍馬が関所越えをする話も全くのフィクションです。でも龍馬はあのとき江戸に修行に行っていて、ちゃんと道筋とかはリアルにやっているわけです。そこに弥太郎をくっつけて、弥太郎が偽手形を作るという話を創作して膨らませた。史実のすき間をぬっていくというか、そこはドラマとして視聴者の人も楽しんでいただけるとうれしいなと思います。

--第4部ではいよいよ暗殺が描かれます。

 (暗殺は)最終回。暗殺犯は京都見廻(みまわり)組だというのは大体分かっている。ドラマの焦点は、実行犯ではなくて、黒幕が誰だったのかっていうところ。誰が殺させたのかということが、ミステリーとしては最大に面白い。10本の指では足らないほど、龍馬を殺してもおかしくない人たちっているんですよ。第4部はそこ(暗殺)に向けてのカウントダウンなので、第4部に入ったらもう出てくる人出てくる人すべて動機を持っているというような作りになっていくと思う。(すでに出演しているキャラクターも)いろんな人たちが(黒幕で)ありえる。ほとんどの人たちがあり得るといってもいいかもしれないですね。

さてさて…本日のこのニュース‥~“噂”のサイト~での口コミ度は…?要チェェェ~ックゥゥゥッッ!

続きを読む

◆人気ブログランキング◆
皆さんようこそお越しくださいました! まずは下記3ヶ所をポチッと応援ヨロシクです♪♪↓↓↓

2chまとめ ブログランキングへ 人気ブログランキング

人気webランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

bo111

Author:bo111
ようこそ~《得ダネ》おもしろニュース横町by2ch~へ!管理人の“ニュース小僧”と申します。今後ともヨロシクお願いします!(^∇^)!

The Search 検索エンジン
稼げる!次世代ポイントサイト♪
PointDreamとPointPayは姉妹サイトです♪♪
PointDream 次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる! PointPay お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
【フィギュア高価買い取り!!】
眠っているお宝が高く売れるぞ♪♪
ブログ電卓
小さくてもキチンと使えます。
《大反響》ヤフオクで毎月稼ぐ!
アニメバナー
愉快なジョークグッズ♪♪
見るだけでもとっても楽しい!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☆人気商品☆
検索フォーム
カテゴリ
PR
相互リンク
最新記事
アクセスランキング
楽天オークション
月別アーカイブ
★バンダイホビーストアへGO↓
《ガンダムシリーズ》 下記をクリックするべし!    ↓↓↓
人気商品
ホビー・フィギュア通販
DMM.com フィギュアホビー通販
QRコード
QR
最新トラックバック
リンクが自動で増殖しちゃう!
★あなたの作ったブログやHPへリンクを自動で増殖でき勝手にアクセス数がアップできる簡単便利なオートリンクの無料登録をされる方は下記をクリック♪♪↓↓
SEO
対策にオートリンクネット 
リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら 
司馬遼太郎の作品紹介
RSSリンクの表示
無料登録で7万人に独占広告配信
ADPOINTPRO
現在時刻
★面白マップ★
得々お買い物情報
これは本当に極限の安さ!驚きの超激安価格♪♪
スポンサードリンク
優良な情報が無料で読める♪
無料でお金を稼げる レポートスタンド登場!
【とても役に立つ《無料》情報】
下記の優良情報が0円!! 無料ダウンロード!(即クリック!)
定期的に更新!【本日】の役立つ無料情報は何かな?要注目!! 【本日のNO.1無料情報】 次世代型せどり・転売メゾット
★おすすめオークション★
フリーエリア
お金が貯まる嬉しいポイントサイト♪♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト
消費者金融大手
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。